「軍艦島」は長崎港の南西およそ19Kmの海上にある島の俗称で、
正式には「端島(はしま)」と言われています。前々から行ってみたかったのですが、
今年の夏休みに予約が取れたので、九州旅行の途中にSL人吉と合わせて行ってみました。
 現在は長崎県長崎市に属している軍艦島は、江戸時代後期に石炭が発見され、
その後明治23年から本格的に海底炭坑として良質な製鉄用原料炭を供給してきました。
幅160m、長さ480m。東京ドームのグラウンドおよそ5個分という小さな島ながら、
最盛期には5,200人もの人々が住み、東京の9倍を超える人口密度は世界一とも言われました。
軍艦島の半分は鉱場なので居住地がとても狭いためか、大正5年に日本初の鉄筋コンクリート造りの
高層集合住宅である30号棟が建築されて以来、次々と高層アパートが建設されました。
また、採掘技術の発達とともに島のまわりを拡張。塀がぐるりと島を取り囲み、高層アパートが
立ち並ぶその外観が軍艦「土佐」に似ていることから「軍艦島」と呼ばれることになりました。
小中学校のほか共同販売所、映画館や料理屋、娯楽場、病院など最先端の技術と都市機能を持つ
炭鉱都市として栄えましたが、国のエネルギー転換政策を受けて昭和49年に閉山となり、
全ての島民がこの島を去っていきました。

194

195

196

197

198

199

200

201

202

203

204

205

206

207

208