すっかり、大井川鐵道の夏の恒例行事となって来た、
トーマスとジェームスの運行ですが、自分はどうしても、
積極的に取る気にはならず、最近では、この時期は朝が
ゆっくりと出来る時期として定着しつつあります。
そんな中で、撮った数少ないトーマスの中でも、
紫陽花の季節は比較的撮ってました。

481

482

483

484

485